2007年02月24日

最近観た映画とか。-「さくらん」-

さくらん

さくらん

安野モヨコ原作、蜷川実花監督、椎名林檎音楽監督、土屋アンナ主演と、カッコいい女性達が作り上げた映画「さくらん」。

舞台は吉原遊郭。
遊郭に連れてこられた8歳の少女、きよ葉。
彼女が自由を奪われた遊郭で、誰にも頼らず、ただまっすぐに自分を信じて生き、やがて吉原一の花魁(おいらん)になって。。。という、まぁサクセスストーリー。。。なのかな?普通のサクセスとは全然違うと思うのだけど。
詳しくは以下のサイトの真ん中の『「さくらん」ものがたり』を見てもらうとわかりやすいと思います。
http://www.sakuran-themovie.com/tamagikuya.html

いやーカッコよかったわ。役者も映像も音楽も、そしてお話も。

役者は、主演の土屋アンナはもちろんだけど、夏木マリの老獪さもカッコいいし、あと菅野美穂の粋な感じ。良かったなぁ。
あと、エロい!舞台が遊郭だから、それなりのシーンがあるのだろうと思ってたんだけど、予想以上のエロさ。土屋アンナも菅野美穂も木村佳乃も体当たり!!
いや、それも普通にエロいんじゃなくて、カッコ良さの伴ったエロさなのよね。
彼女達は遊女でプロだから割り切ってる感があってねぇ。余裕があるんだよ。それが生々しく。そしてカラッとしてて。
音楽も良く効いてたと思う。
これってよくよく見たら12歳以下は保護者同伴じゃないと鑑賞ダメなんだね。
そりゃそうだろー子供に見せちゃダメだ。親同伴でもその後の空気が微妙になるだろうかたやめといた方がいいな。カップルでもギリギリだと思った。


蜷川実花のあの色がビビッドでカッコいい写真が好きで、この人が映像を撮ったらどうなるんだろう?と思ってたんだけど、やっぱりカッコよかったなぁ。
ただ。。。もうちょっと映像が明るい方がビビッドさが際だって良かったんじゃないだろうか?と始まりから最後まで思ってた。
俺が見た映画館のせいかなーなんか暗くてさ。もったいないなぁ。。。と。

音楽は良かったんじゃないかな?合ってたんではないかな?
「ギャンブル」が流れてくるシーンはちょっと鳥肌立ったよ。あの始まりのドラムがカッコいいね。

っつか、それよりも何よりもお話がカッコいいよ。
俺はマンガを立ち読みでサラッと読んでたんだけど、その程度が丁度いいと思った。
読み込みすぎると、原作との差違が気になるだろうし、読んでないとディティールが若干飲み込みづらいだろうし。
サラッと読んだ方がいいね。サラッと。
俺はもう見終わったから原作買おうっと。

もう一回見に行きたいなぁ。DVDも出たら買おう。



あとさ、見たのは駅3つ隣のシネコンなんだけど、客が俺を含めて38人しかいなくてさ(数えてた)。
レイトショーだったからかもしれないけど、初日だよ?なのに38人だよ?
作品の人気が無いのかなぁ。。。そんなワケでもないだろうし。大丈夫か?シネコン。
まぁ、そのお陰で俺はまん真ん中の特等席で悠々と見られたワケだけど(笑)


posted by ミネトモ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

最近観た映画とか。-「鉄コン筋クリート」-

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート

山形に帰省中に友達と映画でも観るかーって話になって、丁度二人とも観たかったからタイミング良く鑑賞。

いやー山形で映画観たのってスゲー久々で感慨深かったなぁ。
俺が良く観に行ってたフォーラムって映画館は場所が変わっちゃっててさぁ。とても切なかったよ。
初めて一人で映画館に行ったのって確か旧フォーラムだし、イベントのチケットを買うために徹夜で並んだりしたのも旧フォーラム。懐かしいなぁ。。。
そんな思い出映画館が移動してたっていう事実にドッキリしながらの映画鑑賞でした。


肝心の鉄コン筋クリート感想は。。。さすがSTUDI4℃。絵柄はまったく松本大洋の世界観を壊してなく、感心しました。
松本大洋の絵柄とはやはり違うんだけど、それを壊すことなく、アニメとして動かしやすくデフォルメして、しかもそれに味がある。カッチョ良かったなぁ。。。

問題の声優は。。。やはりちょっと違和感あったなぁ。
クロが二宮和也。シロが蒼井優と、今尖ってる俳優を配したのはわかるんだけど。。。ちょっとなぁ。他のキャラに関してもちょっとづつ。。。うーん、まぁでも、この声優問題に関しては全然見逃せる程度です。

全体的には満足いくレベルなんだけど、俺的にはもっとテンポが良く、キレキレ。ジャギジャギな感じだったらもっと良かったかなぁ?と。
多大に期待しすぎたかな。もしかしたら。
いや、俺の友達(俺より全然松本大洋好き。)は大満足だったから、好みの問題だと思うけど。

ただ、鈴木と木村の離別のシーンや、木村の奥さんのセリフのシーンは。。。原作の演出の方が好みだと思いました。
あと、チョコラももうちょっとカッコよくしてほしかったな。

今年一発目の映画としては満足でした!
posted by ミネトモ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

最近観た映画とか。-「ダ・ヴィンチ・コード」-

「ダ・ヴィンチ・コード」
http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/
(行き先はソニーピクチャーズのサイトだけど、そこのリンク先のサイトはフルウィンドウになっちゃうから注意。)

ダ・ヴィンチ・コード
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

最近観た映画とか。-「ナイスの森」-

「ナイスの森」
http://www.nice-movie.com/

ナイスの森

「鮫肌男と桃尻女」や「PARTY7」、「茶の味」なんかで知られる石井克人監督の最新作。
石井監督の。。。というか、三木俊一郎、ANIKIというクリエイター3人のユニット『ナイスの森』の初作品という位置づけの映画。

見始め、中盤、終盤、終わり。全編に渡って俺の心にあったのは『ワケわかねぇ。。。』のみ。
もうね、ホントワケ分からないの。

構成としてはショートショートが21本ほどあって、一応その一本一本もつながりがあるんだけど。。。
まず最初の一本目で突き放される。
続いての二本目でも突き放される。
ようやく三本目で近づけたかな?と思えるんだけど、もうすでにかなり突き放されてるから、あまり近づけてない。
その後もそんなのの繰り返しだから、最終的には今自分がどこに向かわされているのかわかんなくなるんだよね。。。
中盤なんて『俺、今夢観てるみたいだなぁ。。。』なんて思ってたもの。

上の説明じゃ全然分かんないと思うんだけど、俺も全然分かんないから伝えようがないんだよね。。。
カタチとしては、2001年頃に隔月で発行されたDVDマガジン「Grasshoppa!」を『アッチ』の方向に突き詰めて突き詰めたら、こういう作品ができるんじゃないかなぁ?という感じ。
そしてちょっと思うのが、上司のTZK氏に借りて観た事がある鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」とか「ピストルオペラ」と雰囲気が似てるかなぁ?と。ワケ分かんないところとか。
まぁ、ベクトルは全然。まったく違うんだけど。

ワケは分かんないんだけど、面白いか面白くないかを聞かれると、俺的には面白かったんだよねーDVDが欲しくなったぐらい。ってか、買うだろう(お金に余裕があったらね。)
でも必要以上に『うわー意味ねぇ〜』と思うくらいグロテスクなところもあるから、おすすめはしないっちゃしない。

ナイスの森

ナイスの森
posted by ミネトモ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

最近観た映画とか。-「エミリー・ローズ」-

「エミリー・ローズ」

エミリー・ローズ
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

最近観た映画とか。-「THE 有頂天ホテル」-

「THE 有頂天ホテル」
http://www.uchoten.com/

THE 有頂天ホテル
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

最近見た映画とか。-「ショーシャンクの空に」-

「ショーシャンクの空に」

ショーシャンクの空に

「ショーシャンクの空に」大好き。
俺の好きな映画(洋画)トップ5には間違いなく入る。
何度観たかわかんないけど、観る度に切なくなり、そして開放感、爽快感を味わえる映画です。

職場の先輩方でこの映画を観た事がないという人が何人かいてちょっとビックリした。かなりメジャーな映画だと思っていたのに。。。

------------------
「ショーシャンクの空に」とはスティーブン・キングの小説『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したもの。
妻とその愛人を殺した罪で終身刑を受けた銀行マンのアンディが主人公。
実はアンディは無実の罪で投獄されたのだが、けして希望を捨てず、いつか自由になれる日々を信じて生活する。
一方で、「刑務所で希望を持つのは禁物だ」と忠告する古株のレッド。
そのアンディとレッドの友情を中心としてショーシャンク刑務所で生活する男達の人間模様を描いた作品。
上記した通り、切なく、焦燥感を感じるものの、鑑賞後はとてもハッピーな気持ちになります。
アンディ役にティム・ロビンス。レッド役にモーガン・フリーマン。
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

最近観た映画とか。-「ハリーポッターと炎のゴブレット」

「ハリーポッターと炎のゴブレット」
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/

ハリーポッターと炎のゴブレット

大人気のハリポッターシリーズの第4作。
2005年の11月下旬に公開されたのを今更ながら観てきました。

一応、第1作目から欠かさず観ているワケなんだけど、今作を観ての感想で一番だったのが
「みんな大きくなったなぁ」
という感想(笑)
いや、ホントにみんな大きくなったよね。
設定上は14歳なワケだけど、彼らはも17歳とかそこらへんでしょ?ちょっとムリあるよなー
ロンとかそんなデカイ図体してイジけてんじゃねぇよ!と、まぁ俺が良く言われる事なんですけど。。。
それにしてもロンのお兄ちゃん役の二人はカッコ良くなったなぁ。。。

映画全体としては、上手くまとめたなーという感じ。ところどころハショりまくってはいるけどね。
約3時間と長い映画だったけど、飽きずに、ケツも痛くならずに観られました。

原作は今度6作目が発売しますね。
ハリーポッターシリーズは全7作のハズだからそろそろ終わりかー
俺も4作目までは読んでるんだけど、その次は読んでない。誰か貸してくんないかなー読みたいなー
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

最近観た映画とか。-「SAW2(ソウ2)」

「SAW2(ソウ2)」
http://www.saw2.jp/

--ストーリー(ってか、煽り文句)--
目覚めると金庫がおいてある部屋
出口の無い館に集められた8人の男女
-『さあ、ゲームをしよう』-
それぞれのために作られたゲーム
ひとりづつ消えていくー
外に出られるドアはどこにあるのか?
------------

ネタバレになってしまうから、あんまり詳しくは話せないけど。。。いいね!面白いよ。2。
CUBEとか、他の映画みたいに「1」が当たって「2」や続編が作られた映画って、ちょっと微妙だったり、激しくつまらなかったりして、今回もそんな感じかな?と心配だったんだけど。いやいやどうして。やるねSAW2(ソウ2)。

ちょっと今日は体調が悪くてお腹が痛かったり、寝不足気味で眠かったりして上映中大丈夫かしら?と思ってたんだけど、始まってしばらくするとグイグイ引き込まれるし、一つの情報も見逃すまい!と必死で観てたんで、他の事は全然気になりませんでした。むしろ見終わった後グッタリと疲れてたぐらい(笑)

観ようかな?どうしようかな?って思ってる人!観といて損は無いよ!
「1」観てないんだけど。。。っていう人!「1」は観ておいた方がいいよ!その方が絶対いい。むしろ一度観た人でも復習として観ておいた方がいいね!
グロいのとか、エグいのはちょっと。。。っていう人!観ない方がいいよ!気分悪くなるから(笑)

おすすめでんがなまんがな。
posted by ミネトモ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

最近観た映画とか。-「亀は意外と速く泳ぐ」

「亀は意外と速く泳ぐ」
http://www.kamehaya.com/
主演:上野樹理
出演:蒼井優、要潤、伊武雅刀

亀は意外と速く泳ぐ

--ストーリー--
…何をやっても目立たない平凡な主婦が、スパイ募集の張り紙を見つけた!
ドキドキしながら始めたスパイのミッションはなんと、「平凡に過ごすこと」だった…
------------

爆笑に次ぐ爆笑!スピーディなドタバタコメディ!!って感じの作品とはまったく違う、のほほーんと、のんびり観られるコメディ作品でした。
コネタ満載で、気に入ったのあったら笑ってください。みたいな。
若干狙いすぎじゃない?って思う所もあったけど、観ているうちに、そんなクドさもすんなり受け入れられるようになっていきました。

上野樹理かわいいなぁ。
「スウィングガールズ」観てるときは山形弁の違和感さの方が際だっちゃって、彼女にはそんなにピンと来なかったんだけど、この作品観たら、かわいいと思えるようになりました。

蒼井優は幅が広い女優さんだなぁ。と改めて思った。
キレイ!って感じじゃなくて、どちらかというとキュートな感じが強い彼女だけど、クセのある役もこなせるし。良いですね。彼女。

見終わってから、雰囲気的に「茶の味」に似てるなぁ。と思った。
こうのんびり、気合い入れて観るような感じじゃなくて、夏の午前中とかダラダラしながら観られるという。ストーリーもあって無いようなもんだったから、考えずに観られるしねぇ。


あ、主人公が飼ってる亀の名前が『亀太郎』で、俺の実家で飼ってる亀の名前と同じ名前でした。
こないだ帰ったらメチャメチャでかくなってて、ちょっと気持ち悪かった。俺が飼い始めたのに。
高校生の頃から飼ってるから、もう8年くらい生きてるのかな?さすがに長生きするなぁ。
今は父親が世話してます。
家を出てしまってる、俺の代わりに亀を可愛がってるそうな。
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

最近観た映画とか。-「FLY,DADDY,FLY - フライ,ダディ,フライ」

「FLY,DADDY,FLY - フライ,ダディ,フライ」
http://www.f-d-f.jp/site.html
主演:岡田准一、堤真一
原作・脚本:金城一紀

--ストーリー--
絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送っている鈴木一。
そんな鈴木の生活が、ある日、あまりにも突然にガタガタと崩れ去った。愛娘が殴られて入院したのだ。
病院に向かった鈴木に、加害者の高校生・石原と教頭は威圧的な態度を見せる。おまけにボクシング高校チャンプの石原にいなされてしまった鈴木に、娘は心を閉ざす。
鈴木は刃物を隠し持って石原の高校に向かった……つもりが、そこは別の高校だった。
在日高校生スンシンにノされるが、事情を知ったおちこぼれグループが、“石原と戦うベシ”と鈴木に協力を申し出る。
スンシンの下、家族の絆を再生しようと、次の日から鈴木は会社を休んで猛特訓を始めた。
------------

もう、原作が好きで好きで。好きすぎる小説で。
それが映画になるっていうから、不安いっぱいで。
でも、好きすぎるからこそ、観ないワケにはいかねぇな。と思い。観てきました。初日に。

むー面白いっちゃ面白いんだけど、なんかねー。
やっぱり思い入れの強い小説の映画化は納得いかないなー。
小説のボリュームを2時間ちょっとに収めようとすると、はしょらないといけない箇所はでてきちゃうワケだけど、そのはしょられちゃった部分にもそれぞれ意味があるワケで。。。もったいない。。。
不満や気に入らない所はたくさんあるけど、一言でいうなら、山下に愛がなさすぎ。
「愛してるぞ、山下。」
このセリフがなきゃ。。。

っつーワケで、原作読んでなくて、映画だけならソコソコ楽しめるんじゃないかなー?と思いました。
でも、小説の方は何倍も面白いから、映画観ないで小説だけ読めばいいんじゃないかなーと思いました。
posted by ミネトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

エターナルサンシャインを観てきました。

エターナルサンシャインを観てきました。
http://www.eternalsunshine.jp/
「マスク」と山ちゃんでお馴染みのジム・キャリーと、「タイタニック」で一躍有名になったケイト・ウィンスレット主演のハートフル・ラブストーリーですね。
本年度のアカデミー賞・脚本賞を受賞しました。

映画館で映画を観るのはなんと今年初。
ターミナルやら、Mr.インクレティブルやら、ハウルの動く城やらを観に行こう、行こうと考えてはいたんですけど、ついつい億劫になってしまって、4月過ぎにやっとで初映画。。。ビデオとかDVDとかは観まくってたんですけどね。

それで、エターナルサンシャイン。
「バレンタインデー目前のある日、喧嘩別れした恋人クレメンタイン(K・ウィンスレット)が嫌な記憶を消去してくれるという会社に頼んで、自分との思い出をすべて消去したことを知り、ショックを受けたジョエル(J・キャリー)。自らも記憶を消すことを決意し、さっそく施術を始めたものの、彼女と過ごした思い出の数々がよみがえる。忘れたかった記憶の中にある、大切な宝物に気づいたジョエル。彼を待ち受けてる素敵な運命とは…(フライヤー、公式サイトから抜粋)」

点数をつけるならば、100点中70点。
お話は途中でなんとなくわかっちゃうけど、それを踏まえてなお、飽きさせないストーリー展開で、最後まで目が離せませんでした。
何よりキャストが良いです。ジム・キャリーは悲哀ある、雰囲気のある青年を演じ、ケイト・ウィンスレットはエキセントリックでジェットコースターのような女性を演じ、好感が持てました。
特にK・ウィンスレットが演じた女性みたいな人と付き合ったら面白いだろうなぁ。と妄想してしまいました。グラマラスだし!!
一回だけじゃなく、また2度、3度と観ると、さらに味が出てくる映画だと思います。おすすめ。

そういえば、ラブストーリーを観るのって、久しぶりかも。
ラブーストーリーで思い出深いのは観月ありさ主演の「7月7日晴れ」だなぁ。
当時、ドリカム大好きだった俺は、ドリカムが音楽監修しているこの映画が観たくて観たくて、男友達誘って、男二人で観に行きました。。。
・・・思い出さない方が良かったな。。。


上記とは関係ないけど、お昼に東京駅にいたらキッコロとモリゾーがいたよ。
子供達が二人(二匹?)の間に入ったりして、プチ撮影会をしてました。
二人だけの写真を撮ろうと思って、カメラを構えてたら係員のお兄さんに
「(キッコロとモリゾーと)ご一緒にどうですか?」って聞かれました。。。
いや、こんな坊主に髭の大男が彼らと一緒に写真とったら怪しすぎますから。。。

050403.jpg
posted by ミネトモ at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。